久しぶりの投稿となりました。今回は「物言う株主」で一時代を築いた「村上ファンド」でお馴染みの村上世彰氏の最初で最後といわれる著書、「生涯投資家」の書評です。


今日東証でソフトバンク (通信子会社) が上場するというニュースがありましたが、以下のツイートはこの本で学んだことを基にしています。

日本企業に求めたコーポレート・ガバナンス

    本書で終始村上氏が強調してたのはコーポレート・ガバナンスという言葉です。日本語では企業統治などと言われます。企業の運営は経営の実権を握る経営者だけでなく株主や顧客、従業員など様々なステークホルダーと言われる関係者がいて、その統治を効率よく円滑に行いましょうという事ですね。

    特に、村上氏は投資家であることから、本書では株主と経営陣との適切なコミュニケーションによる利益追求のことをコーポレート・ガバナンスと強調しているように感じました。

    日本企業の旧態依然とした体制、特に株主の利益が最適化されていない点に着目し、大株主となって経営努力を促して株価の上昇を見据えたり、必要ない上場はやめさせるなどの姿勢は株式会社のあるべき姿を示してくれています。


    徹底した投資家姿勢

      村上氏の投資手法は至ってシンプルで、企業の保有資産に比べて株価が過小評価してる場合にその株を購入するというものです。

      一般の個人投資家もそういった視点で投資している人は多いかもしれませんが、多くの個人投資家と一線を画すのはその後の株主としての振る舞いです。

      不要に純資産を溜め込んでる企業に対してはそれを株主還元するか、M&A戦略等の投資によって新規事業を開拓し企業価値を高めることを求めていたようです。そして、それらを拒むような経営陣に対しては株式の公開を取りやめるようなMBOを促すということを徹底していたようですね。

      上場株というのは誰でも売買可能だし、株式会社というのは株主へのリターンをするものだという根本的な部分を徹底してたということです。未だに日本企業ではコーポレート・ガバナンスがなっていなくて同族経営やお友達経営による公私混同などがあるのは村上氏の努力が浸透し切ってはいない事を表していると思いますが、村上氏が世間を賑わせていた2000年代に比べると株主還元やコーポレート・ガバナンスというのは日本でもかなり一般的になってきている印象です。

      もっと浸透してPBRやROEがアメリカ並みになってくると株価もまだまだ上がる余地がありそうですね。


      次世代に通ずる非営利組織での「投資」

        村上氏の収監後の活動として印象に残っているのがNGOやNPOなどの非営利組織を通じての社会貢献活動です。村上氏曰く、寄付も投資も考え方は一緒で、運営側が出資を募り、その資金でもって出資者にリターンを返すという事です。投資の場合はリターンは当然お金となるわけですが、寄付の場合は助けられた人々の喜びや感謝の声などがリターンとなるというのも凄く納得する考えですね。


        そして何より、寄付を通しての社会貢献活動というのは今後の人々の活動としては当たり前になっていくのではないかと僕自身も思っていました。

        世間では「仮想通貨バブル」と言われるほど個人のカネ余りの時代となり、現代の日本で衣食住に困る人はごく限られていて、家を買いたい・車を買いたいなどの物欲を持った人もどんどん少なくなっていて人々の欲求は旅行やエンタメなど体験にシフトしています。

        そういった個人の内面的な楽しみや喜びなどの欲求が満たされるようになった後も人々が追い求めるのは何か?と考えると、他者を喜ばせる・楽しませるというのは自然な流れです。色々なアプローチはあると思いますが、個人が余ったお金を寄付して困っている人を助ける・喜ばせる・楽しませるという流れは今後どんどん加速するんじゃないかと思いますね。